株式会社スペース・デザイン研究所(SD研)では、「住まいの健康診断」を通じて住宅に関するあらゆる相談に対応しています。
住まいの町医者として、住まいの善し悪しやどこがどう傷んでいるかなど、その原因を探ることはもちろんですが、「住まい」と「暮らし」の両面から点検しアドバイス・ご提案をさせていただきます。

「住まいの健康診断」の診断結果で、リフォームすべき優先順位が変わることもあります。急いでリフォームしなくても済むこともあります。
住む人にとって「癒しの家」となるだけでなく、地球環境にもやさしい家づくりの普及を目指しています。

 

「住まいの健康診断」概要

所要時間 戸建て 約2時間
マンション 約1時間半
料金 30,000円(税別)※交通費別途請求
診断内容
  • 外回り
    基礎・外壁・屋根、塀、垣根、傷みや防犯等診断
    周辺安全性 防災、防犯、近所付き合い診断
  • 玄関周り
    安全性、防ケガ、臭いやカビ、収納診断
  • 水周り
    機能性、省エネ性、動線、収納、家事のしやすさ診断
    洗濯機置き場、物干し、収納などの動線診断
  • 階段室
    安全性、照明、配置診断
  • リビング
    団らん、食事、癒し、収納、照明、内装材、動線等診断
  • 個室・寝室
    空気汚染や電磁波の影響、眠りやすさ、収納等診断

※ご希望の方には、信頼できるリフォーム会社、工務店、土地売却のプロ等をご紹介します。

対象者
  • 住宅購入後一度も点検されていない方
  • リフォームをご検討の方
  • 老後を考えたリフォームをご検討の方
  • お子さまの学力が高まる住環境づくりに興味のある方
  • シックハウス症候群予防法に興味のある方
  • 家事の時短に興味のある方

 

SD研の考える住宅診断

 

住宅インスペクションがいろいろな形で普及してきています。
SD研は、創業25年を経過しますが、その8年ほど前から、計33年ほど、住宅インスペクションを実践してきました。

お住まいも、人の健康維持と同様です。
定期検査・診断をし、早めに修繕をしておけば、修繕費用も抑えられます。

築28年が今の日本の住まいの平均寿命です。
日本の木の家に使う木材は樹齢60年以上のモノが多いのですが、少なくても60年、90年はもたせましょう。

 

当然のはずですね。
住まいの造りも大切。
住まいのメンテナンスも大切。
住まいの定期点検も大切。
住まいへの愛情が一番大切ですね。

 

お住まいで困ったら、暮らしや家事で困ったら、まずは、SD研までお越しください。
定期的にイベントも開催しておりますので、そのついでにお話ください。
きっと、何か解決するヒントが見つかると思います。