5月号 SD研だより

いつもありがとうございます。

東京町田のSD研 丹羽です。

毎月発行していますSD研だより

です。

 

今回は、5月号です。

ご一読いただければ幸いです。

 

もうすぐ、ゴールデンウイーク突入

ですが、連休前後の行動計画は、

いかがでしょうか?

お客さまのご様子が大きく変化する

大切な時期です。

連休突入前、連休明け直後、

どう連絡を取り合うか、

早めの準備が肝要ですね。


さて、4月度販促企画交流会は、

4月22日木曜日ですが、

クチコミと紹介を増やすためという

タイトルです。

 

SD研の受注戦略の基本でもあります。

 

営業力と経費、時間をかけての新規受注は、

どうしても、手間暇がかかり、経費もかかり、

信頼関係が築けない間に、契約・着工となる

ため、トラブルも起こりやすいですね。

どうしたら、クチコミで自社の良き評判が

伝わるのか?

どうしたら、紹介がもっと増え、成約率も

上がるのか?

 

やはり、その基本となるのは、日頃から、

頻繁に、商圏内のお客さまとコミュニケー

ションを取り続け、深め、広めていくこと

です。

 

特に、大切なのが、OBのお客さまです。

広報部隊の最有力候補です!

かわら版も、イベントも、備長炭も、

コミュニケーションを継続し深めていく

上で、大切な手段です。

自社のファンから熱心なファンになって

いただきますと、自然とクチコミの輪も

広がっていきます。

成約率が高まりますと、ムダな行動も

少なくなり、効率性も徐々にアップしていき、

生産性もさらにアップしていきます。

そして、小さなきっかけから、

徐々に徐々に信頼の絆を太くしていけば、

クチコミの輪が広がり、

紹介にもつながっていきます。

 

営業というより、まさに、商売人の姿勢であり

基本です。

 

「アフター」はそういうお客さまを育てていく

仕組みの一環です。

 

お客さまご自身が紹介したくなるのが、

本来の受注の仕組みですね。


◎今回は、月刊紙「かわら版」について。

かわら版の命は、手作り感をお伝えすること

です。

会員さまの中には、ひと言メッセージを

添えられて郵送されたり、投函されたり

しています。

手作りの温もりが、今、とても大切になって

います。

ハガキを出すとき、手書きか?印字か?の

違いです。

すぐには、この温もり感が出せませんが、

積み重ねていく内に醸成されていきます。

スマホやiPadの活用ばかりが

目立つ昨今、人と人とのコミュニケーション

不足を実感している老若男女は、

まだまだ多いですね。

 

補助手段としてのデジタル技術の活用は推奨

します。

 

子どもたちは、スマホばかり見て、

ゲームに夢中になり、

お母さんも、お父さんも、同様に・・・。

コミュニケーションする間や機会があまり

ありません。

見習うべきお手本が、身の回りに不足して

います。

コロナ禍で、そのことは一層、大切になって

います。

今こそ、デジタルを活用しながらも、

温もりをお客さまにお届けする好機です。

 

イラストに色づけしたりするのもいいですね!

 

近い将来、漫画風のかわら版も企画していく

予定です。


◎毎週会員さまにお送りしている

メールホウレンソウですが、

5月より火曜日の朝の配信になりました。


【ワンポイントアドバイス】

経営・営業・技術、マーケティング、人間力

や気遣い力向上のための

ワンポイントアドバイスです。

 

今回は「フレーミング効果」について。

人が選択を行う場合、その選択肢の内容や

設問文、広告での表現などによって、

心理的な揺らぎが発生し、合理的な判断とは

異なる判断を下してしまう可能性がある

という効果のことです。

フレーミングとは、日本語で心的構成と

訳されています。

選択する人の視点によって

「行動の結果」が変わることを表します。

 

例えば、
「この本は10人中3人が参考に

ならなかったと、評価しています」

「この本は10人中7人が参考になった

と評価しています」

という文言では、数学的には意味が同じ

ですが、その本に対して抱く印象は、

かなり異なり、その本を売りたい

のであれば、後者の文言を用いた方が、

いい結果が出やすいですね。


今のコロナ禍の感染数もよく吟味して・・・。

ちょっとした表現の違いで、インパクト感が

変わります!


【SD研 イベント・教室】

〇ふれあいマルシェ

5月8日(土)10:00~12:00

無農薬野菜、伊東産無添加干物、初産み卵、

山口県産ひじきやいりこ、地元産蜂蜜などが

並びます。

食材でも、自社のファンづくりを!!

ご視察、歓迎します。

密にならないよう配慮し、マスク着用、

体調の良い方にご参加いただき、

ご相談事も、毎回いくつかいただいています。


〇暮らしのサロン

5月19日(水)10:30~12:00

テーマは、「マイナスイオン」です。

コロナ対策でとても大事な空気環境です。

※少数の手作り教室は随時開催しています。

ステンドグラス教室、手もみ教室は、

定例化しています。

 

※お互いに、コロナ対策マナーは、

しっかりと守っていただいています。

 

※個別のご相談は、

11時と14時と16時で、各45分ずつ

事前予約制で、お受けしています。

平日の火曜日~金曜日です。

 

※引き続き、ご近所の方が、毎日交互に

ご来店されています。


【SD研 定期研修会】

以下、定期研修会のご案内です。

◎5月度経営戦略研究会

日 時:5月13日(木)15時~17時
テーマ:「主婦の組織化の進め方」
参加費:3、000円
※ZOOMオンラインにて。

 

主婦の組織化は、自社の商圏内で、

まずは、常時増やしていき、

相互の信頼関係を育成し、組織の輪を、

少しずつ拡張していきます。

その主婦の中に、かわら版が好きな方、

何か特技をお持ちの方などがいますと、

教室の講師になったり、イベント参加者に

なったり、備長炭のファンになったりして

いただけます。

そして、自社のスタッフ候補としても

次第に育っていきます。

主婦力を、もっともっと活かす

相互の信頼関係づくりについても触れます。

明元素の主婦の発掘法と育成法です。

各社の経営課題、成果事例も、

経営戦略研究会にて、ご一緒に解決して

参りましょう!

ご参加、待ちしています。

場合によりましては、リアル研究会も

考慮します。

15時より16時過ぎまでZOOM研究会で、

その後、若干の休憩をはさみ、17時まで

自由な意見交換会、質疑応答とします。

14時45分よりご準備をお願いします。


◎5月度販促企画交流会

日 時:5月27日(木)

    13時半~15時半まで
テーマ:「小修繕とインスペクション」

場 所:東京町田SD研 リアル&オンライン

参加費:2.000円

 

小修繕からインスペクション、そして、

リフォーム提案へつなげていく受注の仕組み

を共同研究します。

日頃の販促上、営業上の課題も、どんどん

出し合い、相互に解決して参ります。

リーダー、リーダー候補の方、

ご参加、お待ちしています。

SD研内では、会員さま他6名以内の

少数開催とします。

リアルご参加の方は、体調が良い方で、

マスク着用でお願いします。


◎経営計画書づくり、営業や技術関連の

マニュアルづくりもご一緒に!

 

◎「ワンツーワンマーケティング」&

「ワンチーム」で、この難局を会員企業さま

と一緒に乗り切って参ります!

 

☆SD研会員制度の詳細は、

http://www.sdken.co.jp/consulting

をご覧ください!

 

☆3回顧問で受注の仕組み基本編を

ご一緒に!

(3か月間で、2回は半日訪問顧問、

1回は、SD研にて実践講習会。

毎月3社以内お受けしています)

 

☆社員教育のテキストにもなる

「経営計画書」。

 

受注活動が安定化、活性化する

「受注の仕組み」、

 

主婦力・女子力を中心にした

「人財力の強化策」

の3つを主な柱にした会員制度です。

 

☆住まいの町医者ニーズが高まって

います。

コロナ対策と花粉症等、

シックハウス症候群対策、カビや害虫対策、

イライラ解消対策など。

特に、床下竹炭の敷炭が好評です。

マイナスイオンが増え、

ご家族の心身の健康、

イライラ解消にもつながります。

竹酢液の薄め液は、いつも必携です!!

また、新商品の備長炭石鹸も好評です。


以上、よろしくお願いいたします。感謝


SD研 (株)スペース・デザイン研究所

住まいの町医者 一級建築士 丹羽 啓勝
           http://www.sdken.co.jp/
       アメーバブログでも毎日配信中!
https://ameblo.jp/kazokudanran7788/