6月号 SD研だより

いつもありがとうございます。

東京町田のSD研 丹羽です。

毎月発行していますSD研だよりです。

 

今回は、6月号です。

ご一読いただければ幸いです。

 

コロナ騒動、首都圏も一旦規制が緩和されますが、この後も、確実に収束するまで、2,3年かかるとすれば、今を、通常期と考え、対策を立てておかないといけませんね。

 

住まいのご相談案件は、いかがでしょうか?

増えてる?
減っている?
変わらない?

梅雨も近くなり、ジメジメ対策、カビ対策、猛暑に
備えた断熱対策、地震が多くなり耐震対策も。

今こそ、身近に寄り添う「住まいの町医者」の出番ですね。


実行力が求められています。


躊躇せず、即実行する力、日々、心掛けたいと思います。


そして、「より深く」、「より広く」、「より遠く」という、観察眼を磨いていくことですね。

 

何かコトが起きたとき、その原因を多角的、かつ探り下げて対策を立て、そして、すぐ行動していく。


6月より、数社のSD研会員さまと、まずは、オンラインとリアルを組み合わせた研究会を開催していきます。

相互のコミュニケーションを深めるのが一番の目的です。


SD研が度々強調している3つのマーケティング、

・「エリアマーケティング」。
・「ワンツーワンマーケティング」。
・「リレーションシップマーケティング」。


この3つを中心に、一層の地域戦略を今後深堀していきます。

 

年間の需要で考えますと、例年、6月が確認申請の件数が最多になります。


が、今年は、いかがでしょうか?

 

コロナ騒ぎで、少しずれる?遅れる?可能性もあり、夏場がピークになるかもしれません。

 

会社の近所の建築、リフォーム、売買、賃貸の動向など、油断禁物です!


【ご質問】

会社の近所にリフォームや新築などがまとまっている「ホットエリア」は、ここ最近、ございますか?

 

梅雨対策から、住まいの診断へと進み、住まいのご提案へ。


【お知らせとお願い】

 

今回のSD研だよりは、本日の会員さま向け定期メールホウレンソウより抜粋しました。

経営上、営業上、技術上の課題、疑問点などはメールにてお聞かせください。


【ホット情報】 店舗集客3種の神器を中心に!

 

今回は、「イベント」です。

 

SD研も、イベントを休止して、2か月が経ちます。

でも、イベントのお馴染みさんは、イベントがなくても、電話、メール、ライン、ライン@、Facebook、ご来店されるなど、しっかりと繋がっています。

 

この絆こそ、今、商売上、とても大切ですね!

 

新規のお客さまを追いかけるよりも、今まで、何かのご縁のあったお客さまとの絆、パイプを、さらに太くしていくことが、経営戦略の要です。

 

過去のイベント、教室、見学会などのご参加者を、よく振り返ってみてください。

 

会社とご縁があるお馴染みさん、お得意さま、または、その候補の方々です。

お客さま同志のつながりも重視して。


【ワンポイントアドバイス】

経営・営業・技術、人間学等のワンポイントアドバイスです。

 

今回は、
三つのキーワードについて。
ときどきお伝えしていますが・・・、

 

「Speak」
明確に発言せよ 定義づけ、勇気、事実

 

「Action」
早く実行せよ  チェレンジ、積み重ね、自己変革

 

「Think」
深く考えよ    分析的、具体的、自責

 

PDCAですね。

振り返ったら、即行動!

そして、またすぐ行動し、すぐ振り返る。

 

このサイクルのスピードを速める時期です。


【SD研 イベント・教室】

5月は、イベント・教室は中止にしましたが、6月の第2週目より、徐々に復活して参ります!

 

マスク着用、体調の良い方のみ、手洗い・消毒、通風と換気、互いの距離を適度に保ってを厳守し、参加者数を制限いたします。

 

廊下に椅子を置いて、密になることは防ぎます。

 

話しは、手短に終わらることも考慮して。

 

詳細は、SD研HPにて。
http://www.sdken.co.jp/


【SD研 定期研修会】、

経営戦略研究会
6月11日木曜日14時から16時

販促企画交流会
6月24日水曜日14時から16時

を予定しています。

夕方ピークにかからないよう、時間を早めます。

 

メールやお電話、ときには個別の面談で、具体的な解決策なども、お話しをしたいと思います。

 

経営計画書づくり、営業や技術関連のマニュアルづくりも、下半期、力を入れます!

 

町中を観て、通風と換気の基本も、まだまだ不徹底ですね!

 

くれぐれもご自愛ください。感謝

 


SD研 (株)スペース・デザイン研究所 丹羽 啓勝
           http://www.sdken.co.jp/


https://ameblo.jp/kazokudanran7788/

 

 

 

 

コロナの緊急事態宣言、困ったもんです。

皆さま、お仕事もご商売も、なかなかうまく機能しません。

がんじがらめの感がありますね?

 

毎日のように、いろいろなご相談があります。

住まいのご相談、インスペクションのご依頼、経営相談など。

 

ご来店いただいたり、電話やメール、ラインをいただいたり。

 

地域が静まり返っていますね。

 

ルールを守らない人がいるからこうなります。

密室空間の飲み屋、キャバレー、レストランなど。

 

病院関係者の皆さま、

いつもありがとうございます!!

 

ルールを声高々に宣言し、守っていく会社や人材が不足しています。

地域のリーダー的存在。

 

これが、SD研が目指す「住まいの町医者」です。

 

今、この時期にこそ、自社の基盤をしっかりと固め、自社内で

リーダー的存在を育てる好機と思います。

有言即実行タイプですね。

 

【ホット情報】 店舗集客3種の神器を中心に!

 

今回は、「備長炭」です。

 

備長炭パウダーと竹酢液が、好評です。

 

備長炭パウダーを毎朝飲んでいますと、腸内改善に役立ち、

免疫力アップにもなります。

 

竹酢液は、お風呂用と花粉症対策用として。

 

また、この時期、石鹸で手洗いした後の手荒れ防止液として

も竹酢液原液は、役立ちます。

強酸性の液体で、細菌などにも効力が!

 

OBのお客さまにも、暮らしや生活で工夫されていることを

お聞きしながら、備長炭パウダーと竹酢液のことをお伝え

ください。

 

ご来店のリピーター、商品のリピーターになっていただける

方が増えてきます。

 

ぜひ、おススメしてください!

 

 

【名言集より】ちょっと長いですが・・・

 

共感とは、相手の目で見、相手の耳で聴き、相手の

心で感じること

 

私はよく物事を反意語でとらえて考えてみます。

 

共感の反意語は何か?それは独善だと思います。

独善というのは、自分の目で見、自分の心で聴き、

自分の心でしか感じないということです。

すべて自分本位で、「相手の立場なら」という

見方はしない自分中心主義です。  

 

こうした独善は、経営者の最も陥りやすい罠です。

独善的な経営者は相手に対する共感が不足していま

すから、従業員に対しても「あいつら」とか

「あの男は」という言い方を平気でします。

これは尊敬・信頼の立場から見ても独善的な言い方

です。

 

アドラーは言います。

「われわれは見ること、聞くこと、話すことにおい

て他者と結びついている。人は外界に関心を持ち、

他者と結びついている時にだけ、正しく見、聞き、

話すのである」(『生きる意味を求めて』)と。

 

相手の立場に自分の身を置いて、

相手の目で見て、相手の耳で聴き、

相手の心で感じるというのは、

良き人間関係の基本です。

たとえば、お客様の目で見、お客様の耳で聴き、

お客様の心で感じることができれば、

売れない理由がわかります。

 

 

「そうか、わが社のサービスはどうも自分本位なん

だな。自分たちが売りたいと思うものを

商品化して出しているけれども、

お客様の立場から見ると買いたい商品になっていな

いんだな」といったことが見えてきます。

 

 

お客さまの立場になって振替ってみる。

そういう時期ですね。

 

 

【SD研 イベント】

 

□5月の教室は、ふれあいマルシェを含め、15日(金)まで

は、中止にします。その後、緊急事態宣言が解除されましたら、

教室・イベントを再開します!!

 

 

【SD研 定期研修会】、

 

★5月の経営戦略研究会、販促企画交流会は、中止とし、

事態宣言が解除されましたら、改めて、ご案内します!

 

★この他、ご要望に応じ、会員企業さまにて開催されるイベント

のお手伝いを会員の皆さまとご一緒にしたり、企画会議に参加し

たり、実践的交流研修会も企画して参ります。

 

★研修会テーマや内容につきましてのご要望やご意見は、今後も

引き続き、お聞かせください。

経営計画書づくり、マニュアルづくりの研修会も、今後企画開催

して参ります。

 

SD研にて収集した経営、営業、技術情報に関しましては、今後

も、随時、臨時メールホウレンソウとしてお伝えしていきます。

 

「ワンツーワンマーケティング」と「ワンチーム」で、この難局

を乗り越えて参りましょう!

 

OBのお客さま、お馴染みさま、お得意さまとの関係強化を図る

好機でもあります。

 

定期電話、メール、ラインを通じて。

 

通風と換気の基本もしっかりとお伝えください!

 

くれぐれもご自愛ください。感謝

 

住まいの町医者

SD研 (株)スペース・デザイン研究所 丹羽 啓勝

              http://www.sdken.co.jp/

                           https://ameblo.jp/kazokudanran7788/